FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

外国為替☆入門;くりっく365の概要

今回も前回に引き続いて外国為替☆入門は、くりっく365入門です。今回のくりっく365入門は、くりっく365のサービス内容入門です。くりっく365ではどんなことが出来るのかみてみましょう。

[外国為替☆入門~くりっく365の概要]
◆くりっく365入門;取扱い通貨ペア23種類(対円取引12通貨ペア+クロスカレンシー取引11通貨)
米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、スイスフラン/円、加ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円、ポーランドズロチ/円(対円取引12通貨ペア)

ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、英ポンド/スイスフラン、米ドル/スイスフラン、米ドル/加ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/英ポンド、NZドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、英ポンド/豪ドル(クロスカレンシー取引11通貨)

◆くりっく365入門;取扱時間・・・ほぼ24時間/1日+祝祭日も取扱い可
為替は世界中のマーケットで取引されているため、24時間相場が変動します。東京市場での取引が終わる夕方には、ロンドン市場などで取引が開始され、その後ニューヨーク市場、シドニー市場などで取引が行われ、再度東京市場での取引が開始されます。また、日本の祝日には関係なく、土日・元旦を除いた毎日取引することが可能です。

◆くりっく365入門;公的な取引所のFXならではの安心
金融商品取引法と、金融取の規則に基づく厳格な資格要件を満たした会社だけが、「くりっく365」を取り扱うことが可能。

外国為替☆入門;くりっく365とは?

今回の外国為替☆入門は、『くりっく365』についてです。FXに入門されている人であれば、その存在をしらないことはないと思います。しかし、そんなに詳しくないかも……って人のために、今回はくりっく365入門です。

[外国為替☆入門~くりっく365とは?]
日本で個人向けのFXがスタートしたのは、1998年に「外国為替及び外国貿易法(通称・外為法)」が改正され、証券会社や先物取引会社がFXの取り扱いを始めたのが皮切りです。ここから個人のFX取引が可能になりました。

その後、投資意識の高まりとともにインターネット普及とブロードバンド化が重なったこと、投資効率が高いというFXそのものの特徴にも注目が集まり、多くの会社でFXを取り扱うようになりました。

しかし、FX解禁当時は取引を規制する法律や監督官庁が定められていなかったため、一部の悪質なFX会社によって執拗な勧誘行為や証拠金の扱いに関するトラブルが頻発、健全で個人投資家も安心して取引に参加できる環境整備が求められました。

こうした状況を受け、FX取引を規制する改正金融先物取引法(*1)が2005年に施行され、時を同じく金融先物取引所により上場されたFXの愛称が「くりっく365」です。現在は16社が取り扱うくりっく365の取引所FXと100社以上の店頭取引FXが選択出来るようになっています。

(*1)金融先物取引法は、その後2007年9月に『金融商品取引法』が施行され、同法の一部として再構成・廃止されました。

外国為替☆入門;FXとは?

今回の外国為替☆入門は、『外国為替証拠金取引(FX)』入門としてご紹介していきます。
そもそも外国為替証拠金取引とは何なのか、ということも含めて入門していきましょう。

[外国為替☆入門~FXとは?]
円を売って米ドルや欧州ユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のことです。最近では、豪ドル、NZドル、南アフリカランドなどマイナーな通貨の取引も可能となっており、選択の幅も広くなっています。

[外国為替☆入門~証拠金取引とは?]
総取引代金の数%程度の少額の証拠金(保証金)を預けることによって、実際の資金よりも大きな取引を行うことができます。実際の資金力以上に取引することが可能なので、儲けも大きくなる分、損失も大きくなる特徴があります。ハイリスク・ハイリターンといわれる所以がここにあります。

[外国為替☆入門~FX取引方法は?]
株式投資と同じで、成行(なりゆき)注文や指値(さしね)注文、買いだけでなく売りからも投資可能となっています。最近では、電話だけでなく、インターネットからオンラインで24時間取引可能で、自分の好きな時間に取引が出来ることでも人気となっています。

[外国為替☆入門~手数料は?]
一般的な外貨取引である外貨預金や外貨MMFなどではドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかりますが、外国為替証拠金取引の手数料の多くは片道10銭(※ 往復だと倍になります)程度と安くなっています。

次回からは外国為替入門として、『くりっく365』についてみていきましょう。

外国為替☆入門;外国為替とは?

今回の外国為替入門は、ズバリ「外国為替」についてです。前回ご紹介した為替との共通点と違いについて分かりやすくご紹介できたら幸いです。

[外国為替☆入門~外国為替とは?]
おさらいになりますが、為替とは、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金輸送を伴わない決済方法のことを指します。対して外国為替は、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法のことを指します。

今回は外国為替に対して、日本国内で利用される為替を「内国為替」ということがあります。

日本国内の為替が、現金輸送のリスクヘッジとして発展してきたのに対して、外国為替は通貨の異なる異国間の取引を成立させるために必要とされたという歴史を持ちます。

現代の日本では、為替取引とは「顧客から、隔地者間で直接現金を輸送せずに資金を移動する仕組みを利用して資金を移動することを内容とする依頼を受けて、これを引き受けること、又はこれを引き受けて遂行すること」と定義されており、離れた場所というのが日本国内であれば、銀行振込やクレジットサービス、外国であれば外貨交換や外国送金などのことを意味します。

これまでみてきたように為替は現金を伴わない決済サービスを指しますが、内国為替、外国為替ともに有料のサービスです。その手数料は、お金を運ぶ手間、お金を運ぶリスクというものの対価として支払うわけです。

外国為替☆入門;為替とは?

外国為替証拠金取引、いわゆるFXが人気を博しています。外貨取引の中でも短期で収益が見込め、少ない資金でも大きな取引が可能なレバレッジが主な理由として挙げられます。

外国為替証拠金取引は1998年の外為法改正によりスタートして、すでに10年以上が経過しています。FXとして市民権を得て居ると言っても云いでしょう。当ブログでは外国為替入門として、外国為替の基礎知識をご紹介していこうと思っています。外国為替の歴史、仕組みなどを知ることでFX取引の役に立てばと考えています。

今回の「外国為替☆入門」は為替について基本的なことを解説していきます。

[外国為替☆入門~為替とは?]
為替とは、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金輸送を伴わない決済方法のことを指します。現金を直接送付する際に生じるリスクを避けるために用いられる決済方法です。日本では、江戸時代の大阪を中心に為替(手形)による取引が発達、当時の世界では最も優れた送金システムを築き上げていたと云われています。

距離が遠くなればなるほど、金額が大きくなればなるほど、紛失、強盗、保管場所の確保などのリスクと手間が増えます。現在の日本でも現金輸送に関しては、特別の警護をつけて厳重なセキュリティ管理の下行われるのが普通です。増してや江戸時代であれば大変なリスクを伴ったであろうことは想像に難くありません。

リスクを回避するために現金輸送を伴わない決済方法が求められ、為替が生まれたというわけです。

経済