外国為替☆入門;FXの用語#2

今回も外国為替証拠金取引(FX)の初心者の方にも分かりやすいように、代表的なFX用語をご紹介しておきましょう。前回同様、いずれの用語も外国為替証拠金取引(FX)の基礎となりますので、入門前に覚えておきましょう。

[外国為替☆入門;スワップ(Swap)]
2種類の通貨の金利差のこと。FXのスワップとは、買い通貨と売り通貨の金利差で生じるスワップ金利によって利益を得る方法のことを云います。

[外国為替☆入門;スプレッド(Spread)]
買値と売値の価格差のこと。「米ドル/日本円:売値100.15,買値100.20」と表示されている場合、買うときは100円20銭だけど、売るときは100円15銭ということ意味します。この価格差の5銭がスプレッドです。

[外国為替☆入門;スリッページ]
指定した価格と成約価格との価格差のこと。指定していた価格(指値;さしね)と実際の約定価格との差額のことで、具体的には、注文を出したときのレートと約定レートとの差を指します。相場の急落・急騰など為替相場状況により、スリッページが大きくなるケースがあります。

[外国為替☆入門;マージンコール]
保証金維持率が下がり、維持率をあげるための追加保証金(追証)を入れること。又は追加保証金が必要な状況のこと。

[外国為替☆入門;ロスカットルール]
保有ポジションの損失が一定損失限度額を超えた場合に、自動的に保有ポジションの損切りを行うルールのこと。多額の損失の発生を未然に防ぐために設置されるルールで、最近では業者がメールやPCの画面上などでアラームで知らせてくれるサービスもあります。

経済