外国為替☆入門;FXの始め方#1

今回から数回に渡って外国為替証拠金取引入門として、FXの始め方についてご紹介していこうと思います。外国為替の初心者にも安心な「くりっく365」を例にとって説明していきたいと思います。

[外国為替☆入門;FXの始め方]
個人投資家が「くりっく365」の取引を始めるには、金融取(金融先物取引所)が「くりっく365」の取扱いを認めた取扱会社(「くりっく365取引参加者」)に口座を開設し、証拠金を預託のうえ取引を行っていくことになります。

[外国為替☆入門;口座開設]
取引所為替証拠金取引を行うためには、本取引所の為替証拠金取引参加者に為替証拠金取引口座を開設する必要があります。取扱会社に対して、電話、インターネット等で為替証拠金取引口座の開設に必要な書類を請求しましょう。

その際に取扱会社を選ぶポイントは……
◆委託手数料
◆提供される経済情報などは豊富かどうか
◆セミナーを実施しているか
◆ホームページは見やすく使い易いかどうか
◆銀行口座から無料で入金可能かどうか
といったポイントをチェックするといいでしょう。

口座番号・ID・初期ログインパスワード・初期取引パスワードなどが届くので、取扱会社ホームページから初期ログインパスワードでログイン後ログインパスワードと取引パスワードを変更すれば準備完了です。(※ 初期設定のまま口座を利用するのは危険です。必ずログインパスワードと取引パスワードを変更しましょう)

外国為替☆入門;FXの用語#1

外国為替証拠金取引(FX)は人気の外貨取引となっていますが、使われる用語は少し難しいかもしれません。外国為替証拠金取引(FX)の初心者の方にも分かりやすいように、代表的なFX用語をご紹介しておきましょう。いずれの用語も外国為替証拠金取引(FX)の基礎となりますので、入門前に覚えておきましょう。

[外国為替☆入門;ビッド(Bid)]
買い値のこと。反対はアスク、オファー。

[外国為替☆入門;アスク(Ask)]
売り値のこと。オファーとも呼ばれます。反対の買値はビッド(Bid)

[外国為替☆入門;ロング(Long)]
買いポジションを保有すること。逆に、売りポジションを保有することをショートといいます。

[外国為替☆入門;ショート(Short)]
売りポジションを保有すること。逆に、買いポジションを保有することをロングといいます。

[外国為替☆入門;ポジション(Position)]
まだ決済していない自分の手持ちの外貨のこと(ロングポジション、ショートポジション)

[外国為替☆入門;レバレッジ(Leverage)]
日本語で、「てこ」のこと。FXでは証拠金を担保にその何倍もの外貨取引が可能になることを意味します。

[外国為替☆入門;マージン(Margin)]
外国為替証拠金取引の担保となる預託金(証拠金、保証金)のこと

[外国為替☆入門;TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)]
顧客向けレートの基準になる為替レート

[外国為替☆入門;TTS(Telegraphic Transfer Selling rate)]
銀行が顧客に外貨を売るときの為替レート

[外国為替☆入門;TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)]
銀行が顧客から外貨を買い取るときの為替レート

外国為替☆入門;FXとは?

今回の外国為替☆入門は、『外国為替証拠金取引(FX)』入門としてご紹介していきます。
そもそも外国為替証拠金取引とは何なのか、ということも含めて入門していきましょう。

[外国為替☆入門~FXとは?]
円を売って米ドルや欧州ユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のことです。最近では、豪ドル、NZドル、南アフリカランドなどマイナーな通貨の取引も可能となっており、選択の幅も広くなっています。

[外国為替☆入門~証拠金取引とは?]
総取引代金の数%程度の少額の証拠金(保証金)を預けることによって、実際の資金よりも大きな取引を行うことができます。実際の資金力以上に取引することが可能なので、儲けも大きくなる分、損失も大きくなる特徴があります。ハイリスク・ハイリターンといわれる所以がここにあります。

[外国為替☆入門~FX取引方法は?]
株式投資と同じで、成行(なりゆき)注文や指値(さしね)注文、買いだけでなく売りからも投資可能となっています。最近では、電話だけでなく、インターネットからオンラインで24時間取引可能で、自分の好きな時間に取引が出来ることでも人気となっています。

[外国為替☆入門~手数料は?]
一般的な外貨取引である外貨預金や外貨MMFなどではドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかりますが、外国為替証拠金取引の手数料の多くは片道10銭(※ 往復だと倍になります)程度と安くなっています。

次回からは外国為替入門として、『くりっく365』についてみていきましょう。

経済