通貨について

FX(外国為替証拠金取引)は2国間の通貨を交換(売買)する時に生じる価格の差、金利の差を利益とします。今回は通貨について、調べてみたいと思います。

日本の円に次いで私たちに馴染みの深い通貨と言えば、新聞やニュースでもよく目にしたり耳にしたりする米ドル(アメリカドル)ですね。米ドルは現在の世界の基軸通貨で、最も多く取り引きされている通貨です。基軸通貨とは、国際間での決済や金融取引の際に中心的に使われる通貨のことで、以前は英ポンドでした。しかし、第二次世界大戦は、経済大国となったアメリカの通貨であるドルが基軸通貨になりました。流通量が多く、情報量も豊富ですのでFXの初心者が通貨を選ぶ場合は米ドルが安全であると言われているようです。

米ドルを含め、流通量の多い通貨を「メジャー通貨」と言います。メジャー通貨には米ドルの他に、ユーロや日本円を合わせた「世界3大通貨」と、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZ(ニュージーランド)ドル、カナダドルの「準メジャー通貨」などがあります。

メジャー通貨以外の通貨を「マイナー通貨」と呼びます。マイナー通貨は流通量の少ない通貨で、特徴としては金利が高い通貨が多く、値動きが激しいと言われているそうです。南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソなどの通貨があります。マイナー通貨は値動きが激しいため、大きな利益を得る機会もあるのですが、反対に損失が出る場合も大きくなりますので注意が必要のようです。

FXの基礎

FXを勉強していて大事だと思うのは、レンジ相場とトレンド相場の見極め方です。基本的にチャートを一つ見ていればいいというのではなく、日足や4H足を見て大体のトレンド方向を確認してから、1H足・30分足・15分足・5分足などをじっくり分析し見極めます。そうはいっても初心者がトレンドやレンジを見極めるのは簡単なことではありませし、勉強をしてもなかなか難しいものです。(わかれば誰もが大金持ちになっているでしょうから)

その見極め方なのですが、レンジかトレンドかを判断するテクニカル指標として、J.W.ワイルダー氏が考案した相場のトレンドの強さを見るための指標としてADXがあります。簡単に説明するとADXの値が低い状態ではレンジ、ある程度上昇するとトレンド形成~継続となり天井をつけて下がってくれば、トレンドの終了でレンジの回帰となります。なかなか奥が深く計算なども難しいのですが、一度調べてみて試してみる価値はあるのではないでしょうか。トレンドやレンジの判断ができれば精神的にも落ち着いて判断ができるようになってくるはずです。

またいくらトレンドやレンジを見極めたところで、経済指標などによってトレンドが一気に逆転してしまうこともあるので、経済指標もチェックしておいた方がいいでしょう。基本的に逆指値をいれるのを習慣づけておけば暴落や暴騰は免れることができると思いますので、基本的な操作からしっかりとマスターをする必要もあるように思います。

外国為替☆入門;FXの用語#1

外国為替証拠金取引(FX)は人気の外貨取引となっていますが、使われる用語は少し難しいかもしれません。外国為替証拠金取引(FX)の初心者の方にも分かりやすいように、代表的なFX用語をご紹介しておきましょう。いずれの用語も外国為替証拠金取引(FX)の基礎となりますので、入門前に覚えておきましょう。

[外国為替☆入門;ビッド(Bid)]
買い値のこと。反対はアスク、オファー。

[外国為替☆入門;アスク(Ask)]
売り値のこと。オファーとも呼ばれます。反対の買値はビッド(Bid)

[外国為替☆入門;ロング(Long)]
買いポジションを保有すること。逆に、売りポジションを保有することをショートといいます。

[外国為替☆入門;ショート(Short)]
売りポジションを保有すること。逆に、買いポジションを保有することをロングといいます。

[外国為替☆入門;ポジション(Position)]
まだ決済していない自分の手持ちの外貨のこと(ロングポジション、ショートポジション)

[外国為替☆入門;レバレッジ(Leverage)]
日本語で、「てこ」のこと。FXでは証拠金を担保にその何倍もの外貨取引が可能になることを意味します。

[外国為替☆入門;マージン(Margin)]
外国為替証拠金取引の担保となる預託金(証拠金、保証金)のこと

[外国為替☆入門;TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)]
顧客向けレートの基準になる為替レート

[外国為替☆入門;TTS(Telegraphic Transfer Selling rate)]
銀行が顧客に外貨を売るときの為替レート

[外国為替☆入門;TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)]
銀行が顧客から外貨を買い取るときの為替レート

外国為替☆入門;くりっく365の税制優遇

今回の外国為替☆入門は、くりっく365入門としてくりっく365の税制優遇についてご紹介します。店頭取引FXと比較してのメリットを中心に入門していきましょう。

[くりっく365入門~税制優遇#1]
くりっく365は、取引所FXだけが認められている税制優遇措置の適用を受けています。くりっく365での利益は申告分離課税の対象となり、税率は所得に拘わらず一律20%になります。しかし、くりっく365以外の店頭FXの場合は給与所得などと合算した総合課税となり、最大50%の税率がかかる累進課税が適用されます。

[くりっく365入門~税制優遇#2]
くりっく365の場合、所得税を計算するときに商品先物取引や、TOPIX先物といった証券先物取引との損益を差し引き計算することが可能です(損益通算)。くりっく365で利益が出た場合でも、他の先物取引で損失が出ていれば、両者の損益を通算することが出来ます。

[くりっく365入門~税制優遇#3]
上記の損益通算を行った結果その年に控除しきれない損失額が発生した場合、その損失を翌年以降3年間にわたって、くりっく365や他の取引所上場先物取引で発生した利益から控除することが出来ます。(※ 損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失の金額が生じた年(毎年1月~12月)について確定申告をしておく必要があり、その後も継続して確定申告を行なう必要があります)

このようにくりっく365の場合、税制優遇を受けることが可能なので、FX入門に適した商品だといえそうですね。

外国為替☆入門;くりっく365の概要

今回も前回に引き続いて外国為替☆入門は、くりっく365入門です。今回のくりっく365入門は、くりっく365のサービス内容入門です。くりっく365ではどんなことが出来るのかみてみましょう。

[外国為替☆入門~くりっく365の概要]
◆くりっく365入門;取扱い通貨ペア23種類(対円取引12通貨ペア+クロスカレンシー取引11通貨)
米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、スイスフラン/円、加ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円、ノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクローナ/円、ポーランドズロチ/円(対円取引12通貨ペア)

ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、英ポンド/スイスフラン、米ドル/スイスフラン、米ドル/加ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/英ポンド、NZドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、英ポンド/豪ドル(クロスカレンシー取引11通貨)

◆くりっく365入門;取扱時間・・・ほぼ24時間/1日+祝祭日も取扱い可
為替は世界中のマーケットで取引されているため、24時間相場が変動します。東京市場での取引が終わる夕方には、ロンドン市場などで取引が開始され、その後ニューヨーク市場、シドニー市場などで取引が行われ、再度東京市場での取引が開始されます。また、日本の祝日には関係なく、土日・元旦を除いた毎日取引することが可能です。

◆くりっく365入門;公的な取引所のFXならではの安心
金融商品取引法と、金融取の規則に基づく厳格な資格要件を満たした会社だけが、「くりっく365」を取り扱うことが可能。

外国為替☆入門;くりっく365とは?

今回の外国為替☆入門は、『くりっく365』についてです。FXに入門されている人であれば、その存在をしらないことはないと思います。しかし、そんなに詳しくないかも……って人のために、今回はくりっく365入門です。

[外国為替☆入門~くりっく365とは?]
日本で個人向けのFXがスタートしたのは、1998年に「外国為替及び外国貿易法(通称・外為法)」が改正され、証券会社や先物取引会社がFXの取り扱いを始めたのが皮切りです。ここから個人のFX取引が可能になりました。

その後、投資意識の高まりとともにインターネット普及とブロードバンド化が重なったこと、投資効率が高いというFXそのものの特徴にも注目が集まり、多くの会社でFXを取り扱うようになりました。

しかし、FX解禁当時は取引を規制する法律や監督官庁が定められていなかったため、一部の悪質なFX会社によって執拗な勧誘行為や証拠金の扱いに関するトラブルが頻発、健全で個人投資家も安心して取引に参加できる環境整備が求められました。

こうした状況を受け、FX取引を規制する改正金融先物取引法(*1)が2005年に施行され、時を同じく金融先物取引所により上場されたFXの愛称が「くりっく365」です。現在は16社が取り扱うくりっく365の取引所FXと100社以上の店頭取引FXが選択出来るようになっています。

(*1)金融先物取引法は、その後2007年9月に『金融商品取引法』が施行され、同法の一部として再構成・廃止されました。

外国為替☆入門;FXとは?

今回の外国為替☆入門は、『外国為替証拠金取引(FX)』入門としてご紹介していきます。
そもそも外国為替証拠金取引とは何なのか、ということも含めて入門していきましょう。

[外国為替☆入門~FXとは?]
円を売って米ドルや欧州ユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のことです。最近では、豪ドル、NZドル、南アフリカランドなどマイナーな通貨の取引も可能となっており、選択の幅も広くなっています。

[外国為替☆入門~証拠金取引とは?]
総取引代金の数%程度の少額の証拠金(保証金)を預けることによって、実際の資金よりも大きな取引を行うことができます。実際の資金力以上に取引することが可能なので、儲けも大きくなる分、損失も大きくなる特徴があります。ハイリスク・ハイリターンといわれる所以がここにあります。

[外国為替☆入門~FX取引方法は?]
株式投資と同じで、成行(なりゆき)注文や指値(さしね)注文、買いだけでなく売りからも投資可能となっています。最近では、電話だけでなく、インターネットからオンラインで24時間取引可能で、自分の好きな時間に取引が出来ることでも人気となっています。

[外国為替☆入門~手数料は?]
一般的な外貨取引である外貨預金や外貨MMFなどではドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかりますが、外国為替証拠金取引の手数料の多くは片道10銭(※ 往復だと倍になります)程度と安くなっています。

次回からは外国為替入門として、『くりっく365』についてみていきましょう。

経済